事業内容

型枠工事

型枠工事

型枠工事とは、コンクリートの建物を建設する為の躯体を作る作業です。
鉄筋で作られた建造物の骨組に、コンクリートを流し込むための器をベニヤ板や金物を使って作成します。
その後、完成した型枠の中にコンクリートを流し込んで、硬化した後にその型枠を取り外すと建物の形成が出来上がります。
こうした型枠を組み上げ、コンクリート製の建物を形成する工事を『型枠工事』と言います。

主な施工実績と作業風景

基礎工事

基礎工事

日本は世界的にも地震発生の多い国です。地震の際、ビルや大型建築物など、地盤の強度に対して重量のある構造物を支えるために、基礎工事で杭打が活用されております。深く固い地盤まで杭を伸ばすことで、地震や地盤の弱さに負けずに構造物を支えることができるようになります。地盤や地中の障害物、その他周囲の条件などによって、基礎工事、杭打ちの方法は異なります。

主な施工実績と作業風景

太陽光基礎工事

型枠工事

太陽光基礎工事は太陽光発電を設置するにあたり、必ずと言っていいほど必要になってくる作業になります。
基礎の種類は大きく分けて『コンクリート基礎』と『杭打ち基礎』の2種類あり、その中でもさらにいくつかの細かい種類に分類分けされます。
コンクリート基礎の中には「布基礎」「ベタ基礎」「置きコンクリート」の3種類、 杭打ち基礎の中には、「パイプ工法」「スクリュー杭」の2種類があります。

主な施工実績と作業風景